PAGE TOP

  • スマイルワークスについて
  • 制作実績
  • 制作から納品までの流れ
  • よくある質問
  • 制作料金案内
  • お問い合わせ
  • 備忘録ブログ

HOME > ソーシャルメディアのマーケティング活用

ソーシャルメディアのマーケティング活用

ソーシャルメディアのマーケティング活用

ソーシャルメディア活用

注目されるソーシャルメディア

スマートフォンやタブレットといった移動体通信端末の普及により、日本国内でもTwitterやFacebookを始めとするソーシャルメディアを活用する人口は増加の一途です。
多くの人たちが日常的にソーシャルメディアを利用するようになったことで、企業もソーシャルメディアをマーケティングに活用するようになりました。
特にTwitterやFacebookなど、公式アカウントの開設が無料でできるものについては気軽に始められるということもあって、各企業共こぞって導入が進んでいます。

ソーシャルメディアのマーケティング活用法

企業はどのようにソーシャルメディアをマーケティングに活用しているのでしょうか?
企業の情報を伝えるWEBサイトとは、明確な違いがあります。

 

ソーシャルネットワーク

ソーシャルメディア上に公式アカウントを開設することで、日常的にその企業や商品・サービスに関わる情報を発信し、ユーザーと直接コミュニケーションを取ることができます。
これは、ユーザーが公式アカウントに対して「フォロー」や「いいね!」、「+1」を押すことで、ソーシャルメディア上で継続的に公式アカウントからの情報を届けることが出来る仕組みによるものです。

 

公式アカウントをフォローしてもらった人とコミュニケーションを取り続けられるので、中長期的な関係構築が可能になります。
また、ユーザーが積極的に自社の商品を検索してくれなくても、情報を伝えることができるというメリットがあります。

さらに、ユーザーがソーシャルメディアに「投稿」や「シェア」をすることで、ユーザーがユーザーに伝えていく、バイラル化を狙ったコミュニケーションも可能になります。

 

その企業に特に興味がなかった潜在層に対しても、例えば自分の仲の良い友人が「いいね!」と言っていた。というきっかけから、企業を知ってもらうことに繋がり、そこからブランド好意度、購入意向、推奨意向などを高めてゆくことが可能になってきます。

 

SEOの効果について

ソーシャルメディアからの多数の信頼できるリンクを得ることで、少なからずSEOにも効果があります。
ソーシャルメディアは検索エンジンとは異なるチャネルを通じて、広範囲のユーザに広く情報を流通・伝播させやすい性質を持っています。もちろんユーザーに受け入れられ、他の人にも伝えたいと思わせるようなコンテンツであることが最重要ですが、良いコンテンツであればあるほど伝播も早く大量のリンクを得ることができ、検索エンジンに認められることで上位表示が可能になってくることでしょう。

スマイルワークスのソーシャルメディア活用

WEBサイトのソーシャルメディア連携

ソーシャルメディアでユーザーと接点を持ち、公式サイトの弱点をソーシャルメディア上の公式アカウントで補うことを重視します。
公式サイトにはソーシャルプラグイン(WEBサイトでよく見かける「いいね!」や「Tweet」のボタン)を設置し、ユーザーと継続的につながり続けるきっかけを作り、「情報を継続的に届ける」という、WEBサイトが苦手とする分野をソーシャルメディアで補います。

 

公式アカウントの開設

さらにFacebookやTwitterなどの公式アカウントページを開設し、情報を日常的/継続的に伝える環境を構築します。Facebookページの制作も承っております。WordPressの投稿との連携も可能です。
もちろん、どんな投稿をしてユーザーとコミュニケーションを取っていくかは、業種などで多様にありますので、一緒に考えて行きましょう!

その他のサービスメニュー

  • ホームページ制作
  • WordPressでCMS構築
  • スマートホンサイト制作
  • ソーシャルメディア連携
  • DTP、バナー、チラシ制作
  • SEO対策
  • WEB制作外注

ホームページ制作サービス案内

  • ホームページ制作
  • WordPressでCMS構築
  • ソーシャルメディア活用
  • スマートホンサイト制作
  • ショッピングサイト構築
  • DTP、バナー、チラシ制作
  • SEO対策
  • WEB制作外注・アウトソーシング
オールインワンパッケージ